東大アメリカ科について/About this page

東京大学教養学部教養学科地域文化研究分科北アメリカ研究コースは、アメリカ合衆国についてたくさんの側面から学ぶコースです。歴史や政治外交から文学や大衆文化まで、いろいろな切り口の授業が開講されています。また視野を広げて、カリブ海地域や太平洋世界について学ぶこともできます。アメリカについては多くの情報が流布していますが、人種・民族的に多様で移民の流入が続いており、その賛否をめぐって政治問題になっていること、同性婚をめぐる意見の対立があること、18世紀の建国の理念に基づいて現代の国内人口を統合しようとして論争になることなど、日本からは感覚的にわかりにくい面もあります。北米コースはアメリカの世界的な大国としての行動や、映画やスポーツなどにとどまらず、アメリカ社会の独自性に光をあて、掘り下げる授業を展開しています。

また、当コースがある駒場キャンパスには、アメリカに関する学術的な書籍・映像資料を所蔵する国内有数の図書館「アメリカ太平洋地域研究センター図書室」があります。当図書室は一般に開放されており、アメリカ・カナダ・太平洋に関する調査・研究の必要に応えています。

☆本ウェブサイトは東京大学教養学部教養学科地域研究分科北アメリカコースの公式ページです。2017年9月、Webページを全面リニューアルしました。ドメインも変更されておりますのでご注意ください。